【 インナーチャイルドの癒し 体験談 】

 

 

*私自身の2013年の過去のブログ記事より抜粋

 



私の中の 10歳の頃の自分さんが

ひょっと あらわれてきたので

お話を聴きました(-_-メ)



10歳の自分の傷ついた心さん

でてきてくれて ありがとう(*^。^*)

ちょっと お話伺ってもいいですか?


傷つきました。

もう私なんて だめなんだと 思いました。

私は、大きな失敗をしました。

人に笑われました。怒られました。

私は、もう私なんて ダメなんだなぁ~

って思いました。

もう、私は、本気になって 

なにかをするなんて
 
しないように しようと 

心に決めました。


「 そう、そこからは? 」

「 そこからは、一歩も 動いてないです。
  ずっと そのままです。」

「 そう、これからも そのままいるの? 」

「 はい。ず~っと そのまま います。」

「 そう。傷つくのが 怖いから? 」

「 うん。だって、悲しかったんだもの。

  もう誰も相手にしてくれない。
  
  誰の手も借りれない。

  先生からも、親からも 怒られたの。

  だから、もう、なんにも したくない。」

「 そう。」

「 でもね。」

「 はい。」

「 本当はね。もう一度 やってみたいの。」

「 そう。本当は、やってみたいのね。」

「 うん。やってみたい。」

「 何を やりたいの?」

「 本当は、やってみたいこと いっぱいあるの。」

「 そう、素敵ね。」

「 できたら、いいんだけど、できないと・・・・」

「 できないと ??」

「 失敗したら、みんなが 笑うよ。
  みんなが 陰で 言うの。
  あいつ あんな事 やりやがった。って」
 

 
 
傷つきたくない心

失敗を恐れる心を

抱きしめましょう。


傷ついたまま おきざりになった心を

癒しましょう。


今は 先に進むより

自分の心を

癒す事が 先決です。



との事で




癒しを どんどん

すすめて いく事になりそうです(*^^)v
 
 
 
インナーチャイルドの癒しは

私自身 必要だから するようです(-_-メ)





みなさま 一緒に 


インナーチャイルドを癒して 


本来の自分の力を 発揮していきましょう。

怖れずに 進む力は、


インナーチャイルドの癒しが

必要なのかもしれませんよ(*^。^*)
 





【 置き去りにされたままの心に愛を 】 




 やろうと しているのに やれない。


 先に行こうとしても 行けない時には


 置き去りにされたままの心 が


 寂しさを 訴えているのかもしれません。


 あなたの中に


「私を 置いてかないで。」

「私にも もっと目を向けて。」


 って ちぃさな自分が、


 深い意識の中から メッセージを おくってきているのかも

 しれません。



 そんな時は、インナーチャイルドの癒しに

 心を向ける時かもしれませんね(*^^)v



 インナーチャイルドヒーリングは、

 置き去りにされたくないと

 

 思いながらも

 自分から 言いだせず

 
 言いだすどころか、

 
 深く沈み込み、


 隠れてしまっている心に


 救いの手を差し伸べます。



【 あかちゃん心に 愛を 】

 

 

 愛したいのに 愛せない。



 やりたい事が あるけど、できない。



 なにをしていいかわからない。



 そんな時には、


 癒しを待っている インナーチャイルドの姿を


 感じる事が あります。




 怖れながらも、待ち続け、


 触れられたくないと 想いながらも


 気づいて欲しがっている心が


 サインを送っている事もあります。




 あなたの中の


 まだ、育ってない 


 本当の意味で 守ってあげられてない


 あかちゃんな心に 気がついて あげていますか?



 そっと しておいて あげるのも


 やさしさですが、

 

 そろそろ、勇気をだして、


 向き合ってみませんか?




 愛する人を 愛するために

 本当に やりたい事を やっていくために・・・




【 大人になった 今なら 抱きしめられる 】

 

 

 ちぃさい頃は、我慢するしかなかった本当の気持ち

 

 大人になった今なら、

 

 愛おしさで、抱きしめられます。

 

 

 本当に 認めて欲しかったのは、

 

 他でもない あなた自身なんです。

 

 

 自分の感情を 人一倍自分が感じていたのに

 

 大人の都合やまわりに合わせるしかなく、

 

 自分を押さえ続け、ずっと苦しかったんです。

 

 

 自分の心を置き去りにして、

 

 自分自身を見つめる事を

 

 ゆるしてこなかった自分に

 

 「 充分頑張ってきたね。」

 

 「 辛かったでしょ。」

 

 「 もう、自由に生きていいからね。」

 

 そう、語りかけてみてください。

 

 

 一度に、

 

 全部、受け止めよう

 

 癒そう

 

 と

 

 頑張らなくても いいから。

 


 

 自分から、向き合いたい

 

 もっと、自由になりたい

 

 と

 

 心が動き出したら、

 

 チャレンジしてみてくださいね。

 

 

    

 


【 自分の本当の心と向き合う 】




 あなたに こんな癖は、ありませんか?



 本当は、傷ついているのに



 相手を かばってしまう・・・・。



 でも~~してくれたりするから・・など


 

 正当化してしまう癖はありませんか?




 優しさでもあり、ポジティブな受け止め方でも



 ありますね。




 本心で、そう思えている時は、それでいいのですが、


 

 本当の本当の心は、どう感じていますか?





 傷つけたくない



 傷つきたくない


 そう強く願っている 



 あなたの本心は、ありませんか?




 自分の心の傷は、




 自分で、癒せると




 あなたが、心から納得したら、



 どうでしょう?





 あなたの本当の本当の本心に



 聴いてみましょう。





 「 本当は、嫌だった。」




 「 辛かった。」



 「 苦しかった。」



 「 悲しかった。」




 そう感じて、当たり前だった心にまで、




 蓋をしてきてませんか?





 

 本当は、ありのままの心を感じる事で、



 心の傷は、癒せるんです。




 あなたのありのままの心を




 受けとめる事が、傷を癒す方法なんです。




 そして、そこには、気づきが現れます。


 

 あなたの成長を促す気づき。



  


【 封じ込めてきた 過去と向き合う 】


 

 封じ込めてきた過去の感情と向き合い、癒す事は、


 あなたの人生を祝福する事。


 あなたの人生に深みと豊かさを 与えるもの。